葬儀の形式

葬儀の形式を決めるのは、故人の宗教宗派によります。故人がキリスト教などに入っていても、なかには代々仏式で行っていたからなどの理由で仏式葬儀にするというケースも少なくありません。そのため日本では、仏式で執り行われることがほとんどのようです。

それでも、遺言で形式の指定があれば、それに従って開催する必要があります。

開催する式場は、各家庭で行うのが一般的ですが、集合住宅などに暮らす人が増えた最近の住宅事情なども加味すると、そういうばかりではやっていられなくなっています。そのため、宗教宗派を問わない斎場で葬儀を行うというケースが増えてきています。

式室、控え室、接待室、通夜室と、あらゆるシーンにあったきれいな部屋が備わっていて、移動も必要ないということから、好まれています。

キリスト教では教会で行うのが通例ですが、家庭で行うのが一般的な仏式や神式の場合には、こうしたスタイルの葬儀も増えてくることでしょう。


大切な人を天国に送るためには、葬儀を東京の有名な業者に依頼するのが一番でしょう。対応力があるから選ばれています。
いろんなスタイルを選択することが可能です。葬儀を横浜で行うなら、気軽に相談に乗ってくれる会社がいいですよね。


更新情報・お知らせ

2012/03/16
葬儀の種類について更新
2011/01/04
葬儀の種類についてを更新。
2011/01/04
葬祭業者を更新。
2011/01/04
日程もさまざまを更新。
2011/01/04
葬儀の種類を更新。
2011/01/04
ホームページリニューアル
葬儀の種類| 2011年12月06日

サイトメニュー

おすすめ関連サイト


葬儀全般 いずみ
「いろんなプランを用意」

日比谷花壇
「充実した綺麗な花壇」

かえでセレモニー
「安心価格と真心サポート」